おとなのげーむめも

myゲームメモとうちわ受けの話です。考察はありません。

歴史学者クエスト感想

クエストを進行させるために役に立つ情報はありません。

 

Chapter9の最初のクエストは、ドラム育成サポートページの表には

f:id:rurikax:20180618094950p:plain

「王家の呪い」となっていますが、これまでずっと「歴史学者」と、呼ばれていたクエストです。

f:id:rurikax:20180618095306p:plain

クエストリストの方は、「歴史学者」なのに、
ドラム育成サポートの表では、「王家の呪い」になってるのはなんでなんだろう。
ストーリー的には、王家の呪いのほうがしっくり来るからなのかな。
予告なく、こっそりクエストタイトル変えられてそう。

この先、ネタバレ含むので、畳んでおきます。

 

 

 

 

 

 

このクエスト、ノーグハルトパッチで実装されたらしいです。
実装されてすぐに、経験値くれる美味しいクエストとして、活用していたけど、
ストーリーの方は何の話なのかさっぱりわからないので、すっ飛ばしてました。

 

時間の流れ順に整理すると・・・

むかしむかし、神々の千年戦争(=ラグナロク)がおわったあと、
世界は混沌としていた。
神の子であるヨルムンガンド(=ニーズヘッグ)は、
邪悪の化身となって(=魔王モロクにそそのかされたんだったよね?)
人間を襲った。

ヨルムンガンドを討伐したのは、
ルーンミッドガッツ王国を建国したゲオルク・トリスタン1世を含む七王家だった。
(ゲオルク家なんだから、トリスタン・ゲオルクではないんだろうか?)

f:id:rurikax:20180618115033p:plain
その栄光をたたえて、童謡ができたほど。

海をのむ大きな蛇(人々を襲うヨルムンガンドという意味か?)
海をのむ大きな蛇
七色に光るワシが捕食する(七王家のワシのエンブレムはゲオルク家)
光栄のワシが海の上に巣を作る(ルーンミッドガッツ王国建国の意味か?)

f:id:rurikax:20180618103509p:plain


しかし、ヨルムンガンドは倒れる寸前に、ゲオルク家に呪いをかけた。
ゲオルク家の第一王子は成人できない という呪い。

 

今の国王である、トリスタン3世は、解呪をプロンテラ大聖堂に要請した。
世界中の聖職者に声をかけ、
その中から抜擢されたイムブリア(シスターだったのか?)は、
解呪に失敗し、第二王子も死んでしまった。
その責任を、イムブリア一人におしつけて、僻地送りにした。
その後、トリスタン3世は、もう一度儀式をおこなったところ、
第三王子も死んでしまった。
(この時点で、第二王子の死亡はイムブリアのせいじゃないってわかりそうな)

第三王子もしんでいるってことは

七王家とユミルの心臓にでてくる

f:id:rurikax:20180618110009p:plainエルンスト・ゲオルク。この人は、第四王子なのかな?

 

僻地送りになったイムブリアのところに来た旅行者(どこの誰?)が、
ゲオルク家を称える童謡をきいて、
「栄光のワシよりも、傲慢なワシのほうが、正しいよ」
と、言ったので、息子のカヌーは、


傲慢なワシに鱗が出て(ゲオルク家の人間の体に鱗状の呪いがあらわれ)
空から落ちて死んでしまう

f:id:rurikax:20180618103344p:plain
と、歌うようになった。

 

改めて王子の死体を調べると、第二・第三王子の死因は、
呪いではなくて毒のような気がする。
毒に詳しいアサシンから確認する方法を聞き、
たしかめてみたところ、呪いではなくて毒であった。
一体だれが毒殺したんだろう。
でも、アサシンが毒殺したとしたら、
確認方法を教えたりしないから
真犯人は別の誰かである。

 

とにかく、イムブリアの無実は証明された。
めでたしめでたし。
歴史学者がいなくても、このストーリーは成立するな。
なるほど、王家の呪いってタイトルに変えたほうがいいかも。

 

それにしても、ラグナロクのストーリーって読めば読むほど
責任転嫁して保身する人がおおいんだよね。
旧神器クエストの3次クエストも、
作戦の失敗を一人の女クルセーダーにおしつけてしまう話だったな。
正義を貫く人はでてこないのか?
と、心配になるストーリー展開。

 

 

 

 

この後、トリスタン3世は、西の人(アルナベルツ国)に誘拐されて
名もなき島の修道院の一番奥の部屋に幽閉されて死ぬわけで・・・。
余談だが、名もなき島パッチ以来、結婚式に王様がでてこなくなった。
国民が不安になるといけないので、王様不在は秘密にされていたらしいが、
王様不在のため、結婚を祝にこなくなったりと、芸が細かい。

 

さらにその後、魔王モロクが復活して、
冒険者を始めとする勇者によって魔王は成敗された。
魔王討伐祝賀会のドサクサにまぎれて、次期王様をきめて戴冠式をすることになった。
王様不在もそろそろまずいんじゃないかってことなのかな。(リアル10年経ったしね)


この時期王を巡るはなしも泥沼がいっぱい。
ゲオルクの第四王子エルンストとバルター家の長男アイゼンは切磋琢磨していたのに、
バルター家の当主は、自分たちが王様直系になりたいので、エルンスト暗殺を謀る。
しかし失敗。
アイゼンは、自分が生きているとエルンストがまた狙われると思いこみ、自殺。
「殺そうとしたのは、アイゼンだ」と、
バルター家の当主は息子(ちがうの?)に責任転嫁。死人に口なしってことですね。
自分のせいで、兄のように慕っていたアイゼン・バルターが死んだと気づいてエルンスト・ゲオルクは、引きこもりになり、次期王の候補から外される。

 

ゲオルク家は引きこもりだからダメ。
バルター家は、殺人犯がいるからダメ。
と、消去法でハイネン家から王様をだすことになる。
直系のニーヒルが王様になるものとおもいきや、
当主のおじいちゃんが、ニーヒルのことを嫌っていて(見た目がチャライから?)、
傍系のピーターさんを激推し。

 

ぐだぐだしながらも、執り行われた戴冠式に悪漢がまぎれこんで、
次期王様予定だったピーター・ハイネンさんが刺されて重症。
この時、冒険者(自分ですね)があやしいと疑いをかけられて
立場がやばくなるのだが、
ニーヒル・ハイネンさんが、助け舟をだしてくれる。

 

正義は勝つ的な、話の流れになってきたのだろうか?
そして、王様不在のルーンミッドガッツ王国に次期王が即位するのはいつなんだろう。
王様が即位したら、結婚式にて祝詞をあげてくれるようになるんだろうか。


この先はテラグローリアにつづいている。
噛み砕いて深読みしなくちゃ。

© Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All rights reserved.
© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C)2015 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.